<PINARELLO> PRINCE FX 入荷しました!


PINARELLO グラディエントヴルカーノ

<PINARELLO> PRINCE FX 入荷しました!

ULTEGRA R8000完成車 \528,000 (税抜)


ピナレロの2019モデル「PRINCE」シリーズ。

先代PRINCEは、名車PRINCEの名前をリバイバルさせ、DOGMA65.1の型を使ったモデルでした。

今度の「PRINCE」は、オリジナルモデルとなっています。

大きく見れば、F10の流れを踏襲したエアロモデルとなりました。


また、2019年はGANRSとGANSがドロップし、後継にこの「PEINCE」シリーズが置かれています。


PRINCE FXのフレーム重量は53サイズで940g。

GANRSと比べるとかなりの軽量化が図られています。


また、今年のPINARELLOのカラーリングとしては、このグラデーションが特徴となっています。


F10 の2019先行カラーもこのグラデーションでしたね!


個人的には最初は「?」感もありましたが、実際に店に届き、また外で見てみると

インパクトがあり、華やかな印象でとてもいい感じです👍
















カーボン素材にはT900を使用しています。

フレームは3Kカーボンで仕上げられており、カーボンの織目が、カーボンフレームを持つ喜びを刺激してくれます!


今、多くのカーボンフレームはUD(もやもやっとしたカーボン)でフィニッシュされていることが多いのですが、ピナレロのいう最終的に「自転車はカッコよくないと」という所ではオーナー様の所有感にはグッとくるものがあるのではないでしょうか?


今年のPRINCE。

大きな流れはF10からの流れを汲んでいると言っていいと思います。

ただ、実際のジオメトリ寸法は今までのGANシリーズと同じになっています。

F10よりも少しだけヘッドチューブが長めになっていて、一般的なホビーユースのお客様にも楽なポジションを作りやすくなっています。



さらにF10よりも新しく取り入れられた設計もあります。


ダウンチューブのえぐれがわかりますか?

ホイールとダウンチューブの距離をなるべく近づけ、空気の流れをきれいにするための設計が施されています。





次にフロントブレーキ取り付け部分です。


こちらも、整流効果を高めるため、フォークの部分がオフセットしています。




この二つにより、よりエアロ効果の高いモデルになっています。


また実際に乗ってみましたが、今回の「PRINCE」はフレームが軽くなった効果を感じられました✌


ピナレロらしい安定感のある走り+軽くなりより反応の良くなった印象です!




実のところ、ここ最近では2台続けてPINARELLOユーザーなんですが…。

GAN RS→F8と乗っています。


PINARELLOに乗っていて思うのは、非常に安定感のある走りが魅力に思います。

性能面は、もちろん軽かったり、反応が良かったりと早く走るための要素は申し分ありません。

この安定感なんですが、乗っていてとっても楽なんですよね…。

下りやコーナーでの安定感はとても安心ですし、一日長い距離を走った後の気疲れ?みたいなものが違って感じます。「走り」も「安定感」もいろいろな全体のバランスがいいんですよね(^^)


それと・・・


以前フルーム選手に少しお話を聞くことが出来る機会を頂きました。



その時に言っていたこと。

「フルーム選手にとって、フレームで重要なポイントは何ですか?軽さですか?剛性ですか?ハンドリングですか?」


「フィーリングだよ。DOGMAはパーフェクトだ。とても気に入っているよ。」


と、聞いたことがありました。


フルームが言うなら間違いない(笑


DOGMAだけでなく、PRINCEにもそのPINARELLOの良さは伝えられていると思います!


そんなPINARELLOのNEWモデル!!


新しい「PRINCE FX」


いかがでしょうか?!



ご質問等ございましたら、お気軽にご相談下さい。













2-29 misuzugoka aoba yokohama kanagawa
Tel 045-979-1120