<TIME> ALPED'UEZ 21 アルプデュエズ入荷しました!


TIME ALPED'UEZ 21 

おはようございます!


7月の猛暑…いや酷暑が昨日今日と少し和らいで、過ごしやすい数日が続いていますね!

とはいえ、台風も来ていて、今週末のせっかくのLAKE試着会やパンク講習会がちょっと心配です💦


さて、今日は2019年注目のニューモデル「TIME Alpe'duez21」の入荷のご案内です!


こちらのAlped'uezは、2018年モデル中に19年のアーリーモデルとして先行販売されました。

今回の入荷はその「初便」での入荷です!

まだまだ、日本に入ってきた数が極少量の中の貴重な一本です👍



<TIME>Alped'uez21

CustomColor:

Whiteframe White/Graphite

\350,000 (税抜)

Size:S


(スタンダードカラーは\298,000)




2019年TIMEより、惜しまれながらなくなってしまったモデル「IZON」


「Alped'uez」はそのIZONの後継モデルにあたります。


そのモデル名は、今年のツールドフランスでもコース内に設定された、フランスの有名な峠「アルプデュエズ」からとられています。

AlpeD'uez21はフレーム重量が930gとなっています。


トップモデルのAlpeD'uez01・SCYLONについで軽いフレーム仕上がっています。


パリッパリのSCYLONと比べると、軽い中にも残るTIMEらしいしっとりとした乗り心地を感じられる、「IZON」の後継らしい印象です。



TIME独自のRTM工法はこの21でも、しっかりと行われており、TIMEの乗り味をしっかりと表現されています。


また、実際に生産も本国フランスで行われているとのことで、TIMEの中ではお求め頂きやすい価格ながら、手を抜いているわけではありません。



01との違いは3点です。


使用されているカーボンの素材が違うこと。


ヘッドセットが今までのTIMEと同じクイックセットであること。






それと、シートポストが専用品ではなく、

汎用の27.2㎜ポストという点です。









2018年より、現在のカラーリングデザインになり、かなり賛否両論頂くことの多いTIME(どっちかというと否のほうが多いですが笑)


なんですが…個人的には実はこのカラーリングが結構好きなんですが、皆さんはいかがでしょう?


シンプルなデザインのトレンドをしっかり押さえられている気がします。

最近はRaphaなどのウェアを筆頭に、シンプルで大人っぽいデザインのものがあったり、ウェアもとてもオシャレなものが増えてきました。そんなオシャレ感にぴったりなパターンになったと思います👍



フレームだけだと、ちょっとイメージしにくいので…




こんな感じではどうですか?!


いい感じじゃありません??


残りのパーツは想像してください(笑







まだまだ、情報量の少ないTIME/ALPE D'UEZ

店頭展示できているお店も少ないはず…(^^;


まだまだ誰も乗っていない…。

そんな自慢の一台を乗ってみちゃいませんか?!


実車も一度ご覧になってみてください。


またご不明な点、お気になる点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。



2-29 misuzugoka aoba yokohama kanagawa
Tel 045-979-1120